--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.05

陽気充満の黒炒り玄米ワークショップ

20140701_130551.jpg

冨田貴史さんを迎えて、
黒炒り玄米を作るワークショップ、楽しく終了しました~。

もともとエネルギーの強い玄米を(しかも無農薬、もみ殻付き!)
土鍋で長時間じっくり炒ることで、その力をもっともっと引き出します。
陰陽であらわすと、「極陽」に。

みんなで交代しながら、おしゃべりしながら、笑い声にのった楽しいエネルギーが
たくさん詰まった黒炒り玄米が見事に完成!共同作業は、素晴らしい♪

カセットコンロを使ったので、3時間半という長い時間でガスがたくさん必要だろうと、
数本用意していたのですが、1本の半分も使わずに済みました。
カセットコンロは、弱火で使うとガスの減りがとても少ないと知って得した気分(^_^)

20140701_130033.jpg
約3時半後!!真っ黒!!↓
20140701_144047.jpg


3つの土鍋で、それぞれに違う出来具合。
3種類を全員で分けあいました。

完成した黒炒り玄米は、30分くらいコトコト煮出して飲みます。

そのままポリポリ食べてもめちゃくちゃおいしい!!

どんな作用があるかというと、

「血を良くする。」
腸で血液は作られると言います。
つまり、腸をきれいにする。
宿便の排出など、腸の排毒作用。

「脱力を助け、気を補う。」
極陽の動く力で、無気力感を払拭し、
すぐに行動にうつせる力をつける。

最後は、出来立ての黒炒り玄米を煮出したお茶で、カンパーイ!
みんなニコニコ(^o^)

先日のふんパン茜染めのワークショップも思ったのですが、

自分の身の回りのものを自ら作り出す手仕事は、
ガンジーがインド政府から独立するために、
チャルカ(糸車)を回し糸を紡いだことと同じだな~、と。

今回の黒炒り玄米作りもそんな風に思っていたら、
冨田さんも同じようなことをお話しされたのでうれしかったです!

これからも手仕事ワークショップいろいろやってゆきます~♪
hatakenowaの小さな独立運動たい!




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hatakenowa.blog.fc2.com/tb.php/94-fe7f5908
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。